道徳授業を変える

つれづれだより(2/24更新)

    【役に立たないことが大事】

    「役に立たないって事が大事なんです。今、役に立たないっていう事は、でも新しいことが分かれば将来役に立つわけです。そういう理屈もあります。」

     先日、筑波大学の京藤敏達教授がテレビでそう話していました。

     その番組では、水滴が水に落ちたときに、なぜ「ぽちゃん」と音が出るのか、を検証していました。たしかに、「一体何の役に立つのか」と思ってしまいそうな実験です。

     京藤教授の言葉を聞いて、役に立つ、立たないということを忘れて、純粋に「なぜ」と思ったことの追究をもっと楽しみたいなと感じました。

     道徳授業の研究でも、「なぜ」と思うことはたくさんあります。なぜこのような教材なのか、なぜ子どもはあのような反応をしたのか...

     一見見過ごしてしまいそうな「なぜ」に未来の研究を押し進めるヒントが隠されていると思うと、授業研究も一層楽しくなりますね。

    事務局Fより

新着情報

開催予定

2020年 3月29日(日) 9:50〜17:00第1回 SDK福岡支部大会
2020年 4月25日(土)13:30~17:00第5回 SDK特別定例会
2020年 8月 8日(土) 9:15~16:30第3回 SDK全国大会
会員お申し込み