道徳授業を変える

つれづれだより(10/11更新)

    【家族とは、家族全員で育てるものである】

     最近は外出する機会が減ってしまったので、ネットで素材探しをしています。

     夢中で素材を探していると、大塚製薬の広告に目が止まりました。

     それは、広告のある言葉に驚いたからです。


    『家族とは、家族全員で育てるものである。』


     私にとって、家族を育てるというのは「父や母が子どもを育てる」というイメージしかなかったので、「子どもも家族を育てるものだ」という捉え方に驚いたのです。


     驚いたと同時に、あることを考えました。

     家族をクラスに置き換えたら、『クラスとは、クラス全員で育てるものである。』と考えられるのではないか。


     「クラスは、先生が育てるもの」と考えているだろう子どもたちに、「生徒もクラスを育てる」ということに気付かせる道徳授業をしてみたくなりました。

     10月はちょうど折り返し地点です。

     大塚製薬の広告のような「クラスのあり方に気付かせる素材」を活用して、子ども達と前期の振り返りをしてみてはいかがでしょうか。

    事務局Sより

新着情報

開催予定

未定未定第7回「感性を磨く」教師修業 鈴木健二オンラインセミナー
未定未定第5回 SDK特別定例会
未定未定SDK創立1周年記念拡大定例会
会員お申し込み